輸入車買い取り販売店スマートオート

TEL:03-6666-2544 定休日:毎月第1水曜日

スマートオート

Case

施工事例

  • ガラスコーティング

BMW640iMスポーツにG’ZOXニューリアルガラスコートclassRを施工しました

BMW640iMスポーツ

当店ではガラスコーティング施工にあたり、事前に隅々まで入念にクリーニングをします。
ホイールハウス、ボンネット裏、ウェザーストリップとボディの境目、ドアヒンジ、ドアノブ付け根、各ボディパネル間のキワ、エンブレムなど他店では行わないクリーニング作業をまず徹底的にやります。こういった箇所は日常の洗車では洗いませんので実は大変汚れており、骨の折れる作業となりますが、納車後の仕上がりを左右する部分なので、当店ではじっくり丁寧に時間を掛けてクリーニングしていきます。

クリーニングが終わりましたら、次は鉄粉取りです。塗装面には目に見えない小さな鉄の破片が刺さっており、このままポリッシャーを掛けてしまうと、鉄の破片で塗装表面を引っかき回してしまい、傷だらけになってしまいます。これをトラップ粘土を使って、丁寧に取り除きます。
コーティング剤に水は大敵なので、各パネルの隙間をエアブローし、残った水分を吹き飛ばします。

そのあと、もう一回細部のチェックをして汚れを見落とした箇所を、専用クリーナーを使ってキレイにしていきます。

全てキレイになったら傷チェックを行い、重点的に磨く部分を確認します。その上で、塗膜の薄い箇所をポリッシャーの摩擦から守るためマスキングをします。

ここまでやって、ようやく磨き作業に入ります。塗装の堅さやウオータースポットの状態、傷の状態など塗装コンディションに合せてバフとコンパウンドを選定します。この選定にも長年の経験がモノを言います。
研磨により傷を消しつつ、オーロラマークという虹色のもやもやした研磨跡を残さないポリッシングテクニックを駆使して隅々まで磨いていきます。経験不足の職人だと、このオーロラマークが太陽光の下でははっきりと分かってしまいますが、当店の熟練の職人はオーロラマークを一切残さず磨き上げます。

磨きが完了しましたら、マスキングテープを剥がして、飛散したコンパウンドを除去します。こちらもエアブローやウェスでしっかりと取り除きます。

そのあと、シリコンオフという脱脂剤で塗装表面の油分や汚れを完全に取り除きます。この作業を怠るとコーティング剤の定着が弱くなり、長持ちしないコーティングになってしまいます。

完全にキレイになった塗装表面にコーティング剤を塗っていきます。すぐに乾く性質があるので、パネル毎に作業を進めて行きます。拭き残しのないよう、照明の反射を確認しながら慎重に拭き上げてコーティング施工は完成です。

また今回はウインドウ全面のウロコ取り磨きと撥水コーティング(G’ZOXハイパービュー)施工もオーダー頂きましたので、専用ポリッシャーを使ってガラスコンパウンドで研磨しウロコ取りをした上で、コート剤の塗布も行いました。